2018
signature
sponge
01camouflage
Camouflage  -迷彩-
close
  • Japanese
  • English
  • macromauro × 岡本啓

    迷彩は、約100年前、軍隊が敵の目から逃れるために、 政府が画家やデザイナーに依頼し、考案された柄である。

    人の命が関わるデザインを、 当時の作家は、どのように生み出し、 思いやプライドを落とし込んだのだろうか。 あるいは、そういった思いは一切排除していたのかもしれない。

    今回、芸術家である岡本さんには作品を提供してもらうのではなく、 「柄」を作ってほしいという依頼をした。

    1枚の画面ではなく、オールーオーバーな柄を 細部の積み重ねで少しづつ広げて構成し、 彼は「鞄として完成した時にはじめて絵画として成立する。 パターンの中に埋没(カモフラージュ)していた絵画が顕れる迷彩柄」を完成させた。

  • macromauro × Akira Okamoto

    Camouflage is a pattern created over a century ago by the military in order to evade the eye of the enemy.

    To create it, government agencies consulted with artists and designers.

    What went through its makers minds as they developed a design in which people’s lives would be at stake?

    Does the pattern reflect their thoughts, their pride?

    This time we have asked the artist Okamoto to provide “patterns” rather than artworks.

    The patterns cover not only the surface but the entire object, comprising of details that accumulate little by little and spread throughout. As he puts it, “Only when it is complete as a bag is it complete as a painting. It is a camouflage design that embodies a painting within its design.”

copyright © 2006- macromauro All rights reserved.